姫路工業倶楽部 公式サイトのトップへ
  • 文字のサイズを小さく
  • 文字のサイズを標準に
  • 文字のサイズを大きく
姫路工業倶楽部とは
活動
サービス
理事長挨拶 
第34期姫路工業倶楽部理事長 寺林 史朗  姫路工業倶楽部は、昭和27年3月に姫路工業大学の同窓会として発足し、爾来「会員相互の親睦を図ると共に母校の発展を支援すること」を、その存立意義として活動して参りました。
 即ち、会員情報を整備し同窓会活動の利用に供することや、同窓会誌「姫路工業倶楽部報」を発行し会員情報や母校の情報を発信する等の会員向け情報サービスの充実に努め、また同窓会活動への補助金の支給などを行いその活性化を図って参りました。
 また一方で、優秀学生の表彰や進路就職指導講演会の開催、優秀な成績を上げたクラブ活動への支援、学校への備品の寄贈なども積極的に展開し、母校の発展を支援してきております。
 第34期(平成29年4月~平成31年3月)も、この流れの上に各種施策を展開して参りたいと思っております。
 会員相互の親睦の輪の更なる拡大のため、平成29年1月より始めた「Facebookを活用した情報空間上のコミュニティ」の更なる活性化を図る所存ですし、また、支部や会などの各種同窓会活動の更なる活性化のための議論も始めて行きたいと考えております。
 また、母校の発展を支援する活動も従来通りの内容を継続するほか、新学舎の竣工に合わせた支援も行って参る所存であります。
 会員の皆様におかれましては、同窓会関連の事柄に関するご相談やお問い合わせを、是非、お気軽にご連絡頂きますと共に、姫路工業倶楽部の活動に対しての、一層のご支援ご鞭撻の程を、宜しくお願い申し上げます。 第34期姫路工業倶楽部理事長 寺林 史朗

トップに戻る

ホームに戻る